日東金属工業株式会社 > ニュース > 出張報告 > 東北ニプロ製薬(株)様へ工場見学に行ってきました。

東北ニプロ製薬(株)様へ工場見学に行ってきました。

visit-bunner

社員が参加しました、全国各地の製薬、化粧品、精密機器、食品の工場等の見学会への出張報告を掲載しています。

 

 

今回、製剤機械技術学会主催による、東北ニプロ製薬(株)様の工場見学会に参加するため福島県に行ってきました。

東北ニプロ製薬(株)様は医薬品受託製造専門会社として固形剤や軟膏剤を中心に製造している

国内最大級の錠剤製造工場です。

 

zentai

kengaku

「第三固形剤棟」が来年竣工予定
更衣不要の見学者通路

壁には説明書きがあります。

 

今回見学した「第二固形剤棟」ではグローバルGMPへの対応や24時間稼働可能な打錠機や検査機、

三次元スタッカークレーンの採用などの最新設備での生産体制がとられています。

工場は2011年の東日本大震災で地盤沈下や機械の損壊など大きな被害を受けたそうです。

しかし、現在ではその影響が分からないほど復旧・整備が進んでいました。

 

見学では実際の作業の様子や機械を見ることが出来、特に試験室では震災の経験を生かした地震対策が取られていました。

また、製造工程では実際の機械や作業者を間近で見ることが出来、工程ごとに担当者の説明を受けました。

 

製薬工場という事で作業者や機械はもちろん洗浄しやすい壁の採用や、室圧の変化で汚染の防止をしている事など

至る所で品質管理が徹底されていました。

 

因みに工場からは磐梯山が見えるようなのですがこの日は雨が降っており見られませんでした(残念…)。

今回の見学会を通じて、製薬工場の製造管理レベルの高さ、品質の厳しさを実感しました。

また、工場見学中に自社のステンレス容器(CTH)を見つけました。

自社の容器が製薬工場で使用されているのを見て嬉しくなったと同時に、ますますよりよい製品作りをしなければと

感じました。

 

最後に、このような企画を立てて頂いた製剤機械技術学会様と、

お忙しい中工場内を見学させて頂きました東北ニプロ製薬(株)様にお礼を申し上げます。

ステンレス容器の撹拌・温調ユニット  

ステンレス容器の撹拌・温調ユニット  
 恒温水循環装置・ステンレス容器・撹拌機を組み合わせたユ…
このページのトップへ戻る