日東金属工業株式会社 > 技術情報 > 技術情報 > 洗浄性と強度が上がる!?一石二鳥な加工方法「バーリング」ってなに?

洗浄性と強度が上がる!?一石二鳥な加工方法「バーリング」ってなに?

barring_title

ステンレス容器は錆びにくく衛生的という特徴から、

製薬業界や食品業界などコンタミによる品質低下を防止する目的で利用されてきました

特に重要視されるのは、汚れが溜まりにくい・汚れを落としやすいといった「洗浄性」です。

 そんな容器の洗浄性を向上させるために、ステンレス容器に使われている加工方法「バーリング」をご紹介します。

①バーリングとは

barring-11

(バーリング加工比較の写真) 左が加工前 右が加工後

バーリングとは、成形加工方法の一種で、素材に穴をあけ、

その穴の縁を円筒状に伸ばす加工のことを指します。
平面に立体的な部分を作りだすことがバーリング加工の特徴です。

上の写真では、左の穴が加工前、右の穴が加工後の状態です。

 

barring-3_001

バーリング加工は、下穴と呼ばれる穴を板材に開けた後、

円錐形状の型を通すことによって、穴を広げながら円筒状に伸ばします。

一般的には、板金屋さんで薄い板にネジ加工をしたい時にネジ山を確保するために利用されている技術です。

 

barring-2-2

弊社ではこのバーリング加工をステンレス容器に応用しています。
タンクや蓋にノズルを直接溶接せず、バーリングで穴を立ち上げてからノズルを
溶接しています。

 

②バーリングを活用する理由 

baaring-7

洗浄性が高い理由

barring-6_001

 

バーリングをすることにより、汚れの溜まらない滑らかな面となります。 

【一般的な溶接】:ノズルと母材の付け根に角が生まれる
【バーリング加工+溶接】:ノズルと母材の付け根が曲線を描く

一般的な溶接では、付け根に角が生まれ、そこに汚れが溜まりやすくなります。また、洗浄する際には角の汚れは落としづらいため、ブラシなどを使う手間が生まれてしまいます。

バーリング加工を施せば、付け根にRが生まれるため汚れが溜まりにくく、洗浄時も簡単に汚れを拭き落すことができます。

 

強度が高い理由

弊社製品は板厚の薄いものが多いため、溶接時には色々なリスクを抱えます。 

バーリング加工によって、突合せ溶接にすることで溶接不良を防ぎ、熱応力や振動、曲げなどの外力に対する強度が高くなります。

 

バーリングのメリット

・溶接時、母材がひずみません

・突合せ溶接により、完全溶け込みができます

・完全溶け込みにより隙間がなく、汚れが溜まりにくいため腐食を防止できます

 

板厚の薄いステンレス容器にはバーリング加工が最適です。

 

③バーリングのラインナップ

弊社では、各種ノズル・サイズを取り揃えております。

またこの他のノズルやサイズにも対応できますので、詳しくはお問い合わせください!

配管表

④特注加工例の紹介

バーリング加工を利用して、弊社が製作した特注ステンレス容器をご紹介します。

cthv-order0

アルコール供給容器

hotwater_cooling

2L 熱水冷却容器

規格品、オーダーメイド品などステンレス容器についてのお問い合わせは、
当ホームページのメールフォームか、お電話でお寄せ下さい。
ステンレス製品部 営業課
〒340-0811 埼玉県八潮市二丁目358
Tel 048-996-4221 Fax 048-996-8781

ステンレス容器の撹拌・温調ユニット  

ステンレス容器の撹拌・温調ユニット  
 恒温水循環装置・ステンレス容器・撹拌機を組み合わせたユ…
このページのトップへ戻る