日東金属工業株式会社 > 技術情報 > 品質に対する取り組み【浸透探傷試験】

品質に対する取り組み【浸透探傷試験】

今回は弊社の品質に対する取り組みについてご紹介します。

弊社で製作しているステンレス容器は製薬現場や食品生産現場、化学薬品の実験など

幅広く様々な場所でお使いいただいております。

共通して言えるのは、どの現場も繊細な作業を行うゆえに

ステンレス容器は高品質なものが求められています。

 

弊社では、製品の品質を保つために様々な検査を行っております。

またお客様からご依頼があれば、御意向に合わせた検査を行うこともあります。

今回はその中の一つ、浸透探傷試験についてご紹介したいと思います。

 

浸透探傷試験とは

浸透探傷試験はステンレス容器の表面ににクラック(亀裂)や貫通穴が生じていないかを調べるための検査です。

浸透探傷試験は製品に検査液を塗り、色の様子を観察することで亀裂を探します。

 

上の写真は浸透探傷試験でステンレスの蓋の裏側を検査した写真です。

検査は蓋とノズルの溶接部分に対して行います。

一番左がステンレス蓋の元々の状態。真ん中が浸透探傷試験で白色の現像材を塗った状態。

一番右はノズルの溶接部分を拡大した写真です。

 

蓋と継手のつなぎ目部分に亀裂を示す赤い点が見えます。

浸透探傷試験で赤い点や模様が生じるということは、そこに亀裂や貫通穴が存在することを表します。

実際に、写真のステンレス蓋には、蓋とノズルの溶接部分に溶接不良がありました。

 

浸透探傷試験の原理

浸透探傷試験は毛細管現象という原理を利用しています。

毛細管現象とは、細い隙間や管のような空間を重力に関係なく液体が入り込んでいく現象です。

まず初めにステンレスの表面に赤い塗料を塗布します。

この時、ステンレスの表面に亀裂や穴が空いている場合、赤い塗料がこの隙間に入り込みます。

次に赤い塗料を軽く拭き取り、その上から白い塗料を吹きかけます。

白い塗料は乾くと無数の細かい隙間持つ膜を作り、

毛細管現象により赤い塗料が白い塗料の隙間に吸い上げられます。

このように浸透探傷試験を行うことで、ステンレスに生じた亀裂や貫通穴を発見することができます。

 

品質を守るために

日東金属工業では、お客様に最適の品質を保つために浸透探傷試験を行っております。

特に電解研磨を行う場合には、容器の溶接部の状態を厳重にチェックします。

もし亀裂を見逃してしまうと、電解研磨を施した後に亀裂が発見され、最悪の場合再製作を行わなくてはなりません。

 

お客様に最適な品質のステンレス容器を納期通りに製作するために、

日東金属工業では自主的に、有資格者による浸透探傷試験を行い品質保守に努めております。

もちろん、お客様からのご要望があれば浸透探傷試験を行い、検査証明書も発行いたします。

ステンレス容器でお困りの方はぜひ日東金属工業株式会社までお問い合わせください。

 

合わせて読みたい記事

 洗浄時間が短縮できる隙間の無いステンレス容器とは? 

規格品、オーダーメイド品などステンレス容器についてのお問い合わせは、
当ホームページのメールフォームか、お電話でお寄せ下さい。
ステンレス製品部 営業課
〒340-0811 埼玉県八潮市二丁目358
Tel 048-996-4221 Fax 048-996-8781

ステンレス容器の撹拌・温調ユニット  

ステンレス容器の撹拌・温調ユニット  
 恒温水循環装置・ステンレス容器・撹拌機を組み合わせたユ…
このページのトップへ戻る