日東金属工業株式会社 > 技術情報 > 継手が合わない!を解消する助っ人「ジョイント継手」とは?

継手が合わない!を解消する助っ人「ジョイント継手」とは?

 

容器と配管や部品を接続しようとしたら、

お互いの継手の種類やサイズが異なっていた!

という経験のある方もいらっしゃるかもしれません。

継手の種類やサイズが違って接続できない時には、

異なる継手同士を繋ぐ「ジョイント継手」を使用します。

ここではステンレス製(SUS304・SUS316Lなど)の

ヘルール、ニップル、ソケット継手などをご紹介します。

ヘルールと他の継手を接続したい

ヘルールとソケットを接続したい

ヘルール、ソケットそれぞれのサイズに合わせた、ニップル型のヘルールジョイントを使用します。

ニップル型ジョイント【NJ】

 

ヘルールとニップルを接続したい

ヘルール、ニップルそれぞれのサイズに合わせた、ソケット型のヘルールジョイントを使用します。

ソケット型ジョイント【SJ】

 

ヘルールとフランジを接続したい

ヘルール、フランジそれぞれのサイズに合わせた、フランジ型のヘルールジョイントを使用します。

■フランジ型ジョイント【FJ】

 

ヘルールとホースを接続したい

ヘルール、ホースそれぞれのサイズに合わせた、ホース口型のヘルールジョイントを使用します。

ホース口【14MDHR】

 

ヘルールとチューブ(管)を接続したい

ヘルールとチューブを接続する際には、くい込み継手(ユニオン継手)が付いたヘルールジョイントを使用します。

■くい込み型ジョイント

 

 ヘルールについてはこちらの記事で詳しく説明しています。

 

 

同じ継手同士を接続したい

ヘルール同士を接続したい

両ヘルール

配管を延長させたい時などに使用する中間継手です。

■ヘルールレデューサー

異なるサイズや異なる規格のへルールを接続する際に使用します。異径ヘルールとも呼びます。

両ヘルール付きパイプ

ソケット同士を接続したい

ソケット同士の接続にはニップルが必要となります。

■両ニップル

ソケット同士を接続する際に使用します。

■ニップルレデューサー

異なるサイズのソケットを接続する際に使用します。異径ニップル、径違いニップルとも呼びます。

 

ニップル同士を接続したい

ニップル同士の接続にはソケットが必要となります。

■両ソケット

ニップル同士を接続する際に使用します。

■ソケットレジューサー

異なるサイズのニップルを接続する際に使用します。異径ソケット、径違いソケットとも呼びます。

 

配管の方向を変えたい

配管の向きを変えたい場合には、エルボと呼ばれるL字形状の継手を使用します。

■ねじ込みエルボ
■ストリートエルボ

 

 

配管を分岐させたい

配管を2方向へ分岐させたい場合には、チーズと呼ばれるT字またはY字形状の継手を使用します。

■ヘルールチーズ

 

関連製品

 

関連記事

容器と設備をつなぐ陰の立役者!各継手の特長をご紹介    洗浄時間が短縮できる隙間の無いステンレス容器とは?

 

お問い合わせ

特注製作のご相談・製品のお見積、カタログのご請求など、何でもお気軽にお問い合わせください。

※印の付いた項目は必須項目です。
会社名 ※

部署

役職

お名前( 漢 字 ) ※

お名前(フリガナ) ※ 

メールアドレス ※

TEL ※

郵便番号 ※

ご住所 ※

業種

図面等のデータ添付

図面等のデータ添付2

お問い合わせ内容 ※

完全オーダーメイド

規格品、オーダーメイド品などステンレス容器についてのお問い合わせは、
当ホームページのメールフォームか、お電話でお寄せ下さい。
ステンレス製品部 営業課
〒340-0811 埼玉県八潮市二丁目358
Tel 048-996-4221 Fax 048-996-8781

ステンレス容器の撹拌・温調ユニット  

ステンレス容器の撹拌・温調ユニット  
 恒温水循環装置・ステンレス容器・撹拌機を組み合わせたユ…
このページのトップへ戻る