日東金属工業株式会社 > 製品の特長 > 樹脂容器を使わなくなった理由とは

樹脂容器を使わなくなった理由とは

ステンレス容器をオススメする6つの理由

貯蔵容器の洗浄時間を短縮
洗浄・洗浄確認を簡素化させるステンレス容器
→詳細ページ
樹脂容器をつかわなくなった理由とは
樹脂製容器を使用していて本当に大丈夫ですか?
→詳細ページ
ステンレス容器にもグレードがあります
用途で選ぶ、賢いステンレス容器の選び方
→詳細ページ
ISOクラス5のクリーンルームで採用
大手製薬業界で認められた!製造設備として納入
→詳細ページ
特注図面の作成実績80,000枚
医薬品業界にも製造現場にも精通した営業マン
→詳細ページ
検査書・証明書もしっかり対応
バリテーション書類、各種証明書や検査証提出可能
→詳細ページ

 

gmp-02.

 

■医薬品メーカーが樹脂製容器を使わなくなった理由

なぜ樹脂製の容器は使用されなくなったのでしょう

そこには、以下のリスクを抱えているからです。

 
p_pori

 

 ①表面がケバ立つので 異物として混入する恐れがある。

②洗浄しても汚れが取れたかどうかの判断ができない。

③リサイクルができない。(しづらい)

 

それでもまだ、医薬品GMPの範囲外の、貯蔵用、保管用、運搬用に
樹脂容器が使用されているという現状があります。
それで本当にいいのでしょうか?

ステンレス容器と樹脂製容器の拭取りテストを実施しました。

その驚くべき結果とは・・・

【テストの方法】

 test

1.ステンレス容器と樹脂(ポリエチレン)容器の表面に油性マジックインクにて文字を描く。

2.30分乾燥

3.アルコールなどで拭取る →インクの残留を確認。

 

    ■ステンレス容器
    ■ポリエチレン容器

gmp-02-test

      ステンレス容器は、
      きれいに拭取ることができました。
      樹脂製容器には
      インクが薄く残りました。

 

この結果からもわかるように、

品質確保を重要とする現場で、樹脂製容器を使用するべきではないのです。

 

 

医薬品メーカーでは、ISOや医薬品GMPのなどの管理規制への対応を図るため、

ステンレス容器の需要が高まっています。

特に大手製薬メーカーでは電解研磨(EP)の採用も目立つようになりました。

 

HACCP対応としてのステンレス容器

食品メーカーでもHACCP(ハサップ)などの「食の安全」に関する衛生管理が高レベルで求められてきており、

その取り組みの中で樹脂製容器からステンレス容器への切り替えが行われています。

HACCP(ハサップ)とは

全ての工程において予測される危害を予め特定し、危害の発生防止のために管理すべき工程を監視・記録することで、

異常が発生してもすぐに対処でき、不良製品の出荷を未然に防ぐ仕組みです。

 

 

なぜ、ステンレス容器への転換が進んでいるのでしょうか?

 

それは、ステンレスは強くて錆びにくい素材であり、耐火性・低温特性・加工性・衛生面にも優れているからです。

さらに、100%リサイクル可能で、ダイオキシンの発生もありません。

 sus1 sus2

 

ステンレス容器は以下の特長があります。

・表面がケバ立つ事がない 

・リサイクル可能で環境に優しい

・金属なので耐久性に優れておりさびにくい

 

弊社のステンレス容器には、更にこんな特長があります!

・溶接技術によって、ふちまきや取っ手部分に液や粉がたまらない

・独自開発のステンレス材の使用で、バフ研磨処理後と同等レベルの仕上がりが可能

・薄板のステンレスを使用し、容器を軽量化

 詳しくはこちら

 

医薬品メーカー様で一番使われているステンレス容器

 

医薬品の品質に大きな影響を与える貯蔵用、保管用、運搬用の容器も原薬や製剤の製造工程と同様のレベルで管理されるべきものです。

そこでお勧めしたいのは、医薬品メーカーで最も採用されているオールステンレスの密閉容器「SMA-CTL-47H」です。

   smas_002

規格品、オーダーメイド品などステンレス容器についてのお問い合わせは、
当ホームページのメールフォームか、お電話でお寄せ下さい。
ステンレス製品部 営業課
〒340-0811 埼玉県八潮市二丁目358
Tel 048-996-4221 Fax 048-996-8781

ステンレス容器の撹拌・温調ユニット  

ステンレス容器の撹拌・温調ユニット  
 恒温水循環装置・ステンレス容器・撹拌機を組み合わせたユ…
このページのトップへ戻る