日東金属工業株式会社 > 生産工程 一覧
生産工程 一覧ページ
材料の購入から、シャーリング、溶接、品質検査、包装、梱包、出荷まで。
私たちは一つ一つの工程を丁寧に行っています。

材料購入・受入

材料購入・受入
ステンレス容器の材料を受け入れる時は、発注した種類の材料が間違いなく入ってきているのか、また、傷など無いかをチェックしています。
見た目には分かり難いので、細心の注意が必要なんです。

シャーリング

シャーリング
ステンレス容器の材料は、予め規定のサイズのものを購入する場合と社内で必要なサイズにシャーリング(切断)するものとあります。
作業指示書を確認しながら、必要な寸法に切断します。

ロール

ロール
シャフトに対して、材料を平行にセットすることがポイントです。
ここで、曲がってしまうと、後の溶接等で作業が困難になってしまうんです。

胴体部分の溶接

胴体部分の溶接
ロールした板の縦溶接を行い、胴体をつくる工程です。
材質や厚さの微妙な違いや気温などによって調整が必要です。

溶接後処理

私たちのオリジナル技術となります。詳細は企業秘密となります。

カール

巻かれる隙間をよく見て加工することがポイントです。

円周 溶接

円周 溶接
容器の底部分と胴を溶接する工程です。
内容物がもれることは無いくらいのわずかな隙間でも、そこに細かな汚れが残ってしまいます。

溶接後処理

私たちのオリジナル技術となります。詳細は企業秘密となります。

バフ研磨

バフ研磨
表面を滑らかにしたり、光沢をだしたりする工程です。
布や綿布などの柔軟性材料に研磨剤を塗布した高速回転体(バフ)で表面を磨きます。
滑らかにしたり、光沢を出したり、ツヤを消したりします。

洗浄・外観検査

洗浄・外観検査
一般的な汚れを落とすことを目的として容器の洗浄を行う工程です。
溶接部分の傷や穴を目視しながら洗浄しています。

品質検査

品質検査
製品の合否を確認する工程です。
寸法や圧力は測定値で判断できますが、外観は基準がつけられません。
出来上がった製品ひとつひとつに対しての良否の判断が必要です。

包装・梱包・出荷

包装・梱包・出荷
最後まで丁寧に行います。
一つひとつ丁寧に包装、梱包して出荷します。
規格品、オーダーメイド品などステンレス容器についてのお問い合わせは、
当ホームページのメールフォームか、お電話でお寄せ下さい。
ステンレス製品部 営業課
〒340-0811 埼玉県八潮市二丁目358
Tel 048-996-4221 Fax 048-996-8781

ステンレス容器の撹拌・温調ユニット  

ステンレス容器の撹拌・温調ユニット  
 恒温水循環装置・ステンレス容器・撹拌機を組み合わせたユ…
このページのトップへ戻る