日東金属工業株式会社 > 生産工程 一覧 > バフ研磨
生産工程 詳細ページ
材料の購入から、シャーリング、溶接、品質検査、包装、梱包、出荷まで。
私たちは一つ一つを丁寧に作っています。
生産工程の中にある溶接後処理は私たちの独自の技術となり、製品の価値を高めています。
材料購入・受入
シャーリング
ロール
胴体 溶接
溶接後処理(オリジナル)
仕上げ
カール
円周 溶接
溶接後処理(オリジナル技術)
バフ研磨
洗浄(外観検査)
検査(品質検査)
包装・梱包・出荷

バフ研磨

なるべくきれいに磨く心遣いを持って磨いています。
毎日違う品物が入ってくるので楽しみです。
お客様に喜んでもらえることがうれしいです!!

表面を滑らかにしたり、光沢を出したりする工程です。

布や綿布などの柔軟性材料に研磨剤を塗布した高速回転体(バフ)で表面を磨きます。
滑らかにしたり、光沢を出したり、ツヤを消したりします。

回転が速いので、ちょっとでも触れると即、研磨されてしまいます。
細かい材料がたくさんついている製品は、それらの部材に当たらないように細心の注意が必要です。

バフ研磨45年の経験をもつベテラン職人。

  • バフ研磨の仕事は汚れるし、力も必要です。
    若いヒトはなかなやりたがらないですよね。
    技術を伝達していくことが大変だと思います。
  • 若い頃、ウエイトリフティングをやっていたので体力には自身があります!
    弓道2段で、空手や柔道もやっていました。
    現在の趣味は、ゴルフ
  • スポーツ以外には、書道や植木も好きです。
    会社の植木やお花は私が植えてるんです。
    みんながちょっとでも喜んでくれたらいいなと思っています。
規格品、オーダーメイド品などステンレス容器についてのお問い合わせは、
当ホームページのメールフォームか、お電話でお寄せ下さい。
ステンレス製品部 営業課
〒340-0811 埼玉県八潮市二丁目358
Tel 048-996-4221 Fax 048-996-8781

ステンレス容器の撹拌・温調ユニット  

ステンレス容器の撹拌・温調ユニット  
 恒温水循環装置・ステンレス容器・撹拌機を組み合わせたユ…
このページのトップへ戻る