• 新規会員登録
  • お問い合わせ
日東金属工業株式会社 > 技術情報 > 技術コラム > 最高グレードの電解研磨

最高グレードの電解研磨

2015.11.18

電解研磨は、電解液中で金属表面から金属イオンを溶出させ、

表面を平滑化させる研磨方法です。

それによって、非常にきれいな鏡面に仕上がります。

また、バフ研磨できない部品類などの研磨にも使用します。

表面からのコンタミ回避や耐食性を求める製薬、

半導体メーカーでは電解研磨が必須となっています。

p01

 

電解研磨にもグレードがあるってご存知でしたか?

電解研磨をしたステンレス容器なのに・・・

  • 何度も洗浄を繰り返さないと使用できない。
  • 白い錠剤に汚れが付着し、黒っぽくなった。
  • 赤錆が発生した。

これらは、電解研磨が不十分なために発生する現象です。品質の悪いステンレス容器なのです。

当社はステンレス容器の製造から電解研磨まで一貫した社内施工により、

高品質で低コストの電解研磨容器を製造いたします。

電解研磨加工例

無菌薬保存、輸送用ボトル

小分け用保存容器の内面

一般的な電解研磨の方法

p05
 

電解液(燐酸と硫酸の混酸液)の入った電解槽の両サイドに電極板(カソード)を入れ、

カソードとカソードの間に電解研磨をする製品を入れます。

製品(アノード)に直流電気の+を、カソードに-を接続すると、

電解液を通じて電流が流れ、電解研磨されます。

容器の内面を電解研磨する場合、この様な電解槽浸漬方式では、効果的に研磨することは出来ません。

 

容器内面の電解研磨方法

p06
 

容器の形状に合わせ製作した専用カソードを容器内に入れます。

この時、専用カソードと容器が接触しない様にセットします。

ポンプで電解液を容器の中へ送り、常にオーバーフローさせながら電流を流し、電解研磨を行います。

容器の内面を電解研磨する場合、容器の形状に合わせた専用のカソードが必要です。

当社は専用カソードの設計・製作も社内で行う為、

容器形状に合わない”あり合せの治具”を使用する事は一切ありません。

 

電解研磨の特長

(1)洗浄効果

通常の洗浄方法では難しいバフ粉、油などの異物を取り除くことができます。

機械研磨やバフ研磨面はきれいに見えても細かいキズの集合であり、

これらのキズに埋め込まれた油やバフ粉等の異物は洗浄などでは除去できません。

 

(2)洗浄性の向上

非常に滑らかな表面を持つため、汚れなどの物質が沈着しづらく洗浄が容易になります。

同様にもらい錆も出来にくくなります。

 

(3)耐食性の向上

ステンレスの場合、鉄イオンが先に溶けだす事で金属表面のクロム濃度が上がり

より強固な不動態皮膜が形成されます。

ステンレスが錆びにくいのはステンレスに含まれているクロムが酸化され

不動態化されているためと考えられています。

 

(4)表面からのイオンの溶出がほとんどありません

不動態化された金属表面からは、鉄などの金属イオンが溶出しづらくなっています。

表面のイメージ図

img2

バフ研磨表面

(バフ粉、油の汚れ)

img3

電解研磨表面

(汚れが無く滑らかな表面)

img1

素材表面

(荒々しい表面)

 

電解研磨のベテラン職人

  p04

特注の商品ばかりなので、製品の形状に合わせて治具も作って、電解研磨を行います。

自分の作った治具で電解研磨をし、高品質に仕上がった製品を見ると、とても楽しく

なりますね。強酸性の薬品を扱うので、安全第一です!制電性・耐薬品性に優れた

作業服や安全靴を着用しています。この服装では、気温が7℃か8℃くらいが

ちょうどいいので、夏の暑さに耐えるのが大変なんですよ!

製品の事ならなんでもご相談ください。
ご希望に合わせて製品カスタマイズも可能です。

電話でのお問い合わせ

048-996-4221 平日 9時~17時

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームは
こちら

PAGE
TOP